Go to Contents Go to Navigation

韓国中小企業の「ブランドK」製品を海外へ オンラインで輸出商談会

記事一覧 2020.05.20 10:19

【ソウル聯合ニュース】韓国中小ベンチャー企業部は20日、国内中小企業の優れた製品の共同ブランド「ブランドK」の海外販路を開拓するためのオンライン輸出商談会をソウルの総合展示場・COEXで開催したと発表した。

4月29日に開かれた「ブランドK」選定のための品評会で、参加企業の製品を手に取る朴映宣長官(左端)=(聯合ニュース)

 同商談会は新型コロナウイルスによる危機を新たな輸出チャンスとするため、同部が韓国貿易協会などの輸出関係機関と協力して行っているもので、4月に続き2度目の開催となった。

 今回は中国小売り大手の蘇寧易購など11カ国・41社のバイヤーと、政府が先月末に選定したブランドK企業71社が参加した。

 中小ベンチャー企業部によると、バイヤーらは新型コロナの感染が広がる中で注目された韓国製のマスクや手指消毒剤などの「K防疫」製品に加え、「Kビューティー」「Kフード」製品にも大きな関心を示したという。

 同部の朴映宣(パク・ヨンソン)長官は「ブランドKが国を代表する名品ブランドとして世界市場で製品の価値をきちんと認められ、ブランドパワーを備えられるよう、ブランドの広報、マーケティング、物流などの支援を強化したい」としている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。