Go to Contents Go to Navigation

慰安婦支援団体への補助金交付 「問題なかった」=韓国長官

政治 2020.05.20 19:23

【ソウル聯合ニュース】韓国の李貞玉(イ・ジョンオク)女性家族部長官は20日、旧日本軍の慰安婦被害者を支援する市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の前理事長で、4月の総選挙で与党「共に民主党」の比例政党から出馬して当選した尹美香(ユン・ミヒャン)氏を巡る疑惑に関し、メディアで報じられている問題について把握していなかったとし、「国民におわびする」と述べた。

李貞玉女性家族部長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 国会法制司法委員会で野党議員の質疑を受け、このように答弁した。

 李長官はまた、正義連に政府が補助金を交付したことについて、所管官庁として結果を再度調査すると話した。

 また女性家族部が2016~19年に正義連に対し、10億6900万ウォン(約9350万円)の補助金を交付したにもかかわらず、国税庁の資料では正義連が政府からの補助金を3年間0ウォンとしているとの指摘については、「補助金支給事業について調べた結果、現時点では手続き上、問題がなかったと判明した」とし、「もう一度綿密に調査する」と述べた。

yugiri@yna.co.kr

最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。