Go to Contents Go to Navigation

慰安婦支援団体の前理事長巡る疑惑解明へ 韓国最大野党が特別チーム

政治 2020.05.21 14:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の保守系最大野党「未来統合党」が、進歩(革新)系与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)次期国会議員を巡る疑惑を解明するためのタスクフォース(TF、特別チーム)を構成した。尹氏が理事長を務めた旧日本軍の慰安婦被害者の支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)は、寄付金・後援金の不透明な使用や不正会計などの疑惑が持たれている。

ワークショップで発言する李鍾培氏=21日、ソウル(聯合ニュース)

 未来統合党の李鍾培(イ・ジョンベ)政策委員会議長は21日、同党が開いた次期国会議員のワークショップで、TFでは「真相を究明して捜査と(尹氏の当選)辞退を促し、(疑惑に関する国会による)国政調査の推進も話し合う」と明らかにした。

 また、正義連の不正会計疑惑を取り上げ、「市民団体が会計を不正に行えないようにする制度もTFで整えたい」と述べた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。