Go to Contents Go to Navigation

新型コロナとインフルの同時流行に備え 無料予防接種の対象拡大検討=韓国

政治 2020.05.21 15:39

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長は21日の定例会見で、秋以降に新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行する可能性に備え、インフルエンザワクチンの無料予防接種の対象を高校3年生までに拡大する案を検討していると明らかにした。高齢者についても対象年齢を現在の65歳以上から60歳以上に広げる方針だ。

政府はインフルエンザワクチンの接種対象拡大を検討している=(聯合ニュース)

 政府は現在、生後6カ月から中学1年生まで、65歳以上の高齢者、妊婦などについて無料でインフルエンザの予防接種を行っている。

 尹氏は「インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の症状が似ており、流行する時期も重なるため、インフルエンザの流行を最小化すれば新型コロナウイルス感染症の症状を示した人を選別するのが容易になる」と期待を示した。

 また、接種対象が拡大されることで新たに必要となるワクチンについては、十分に供給を受けられるよう製薬会社と協議を進めていると説明した。

ynhrm@yna.co.kr

最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。