Go to Contents Go to Navigation

韓国外交部「所管官庁として慰安婦支援団体の規定を確認中」

政治 2020.05.21 18:45

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は21日、旧日本軍の慰安婦被害者を支援する市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の前身組織である「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)について、設立や運営に関する規定の確認作業を進めていると明らかにした。

正義連の事務所(資料写真)=(聯合ニュース)

 挺対協が活動していた2013年1月当時の外交通商部(現在の外交部)の資料によると、挺対協は同部東北アジア局東北アジア1課所管の11法人の一つと記載されている。

 今後、慰安婦に関する問題については民間団体ではなく政府が主導すべきだという指摘については、「政府側も被害者に対するさまざまな支援策がある」と言及するにとどめた。

 1990年に設立された挺対協は2018年7月に正義記憶財団(2016年設立)と統合され、正義連として再スタートした。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。