Go to Contents Go to Navigation

新卒求職者の希望年収が小幅低下 雇用悪化が影響か=韓国

記事一覧 2020.05.22 13:53

【ソウル聯合ニュース】新卒として就職活動を行っている韓国の若者の希望年収が、昨年末の調査時に比べ小幅に下がった。新型コロナウイルスの感染拡大などで雇用情勢が悪化し、希望を下げたとの分析が出ている。

5月初めに大邱の総合展示場EXCOで行われた政府系機関の採用試験。新型コロナ感染予防のため、前後左右の間隔を大きく空けて机が並べられた(EXCO提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 就職情報サイトのジョブコリアは22日、年内の就職内定を目指す1917人を対象に実施したアンケートの結果を発表した。就職時の希望年収の平均は2970万ウォン(約260万円)で、昨年12月の調査時の3050万ウォンに比べ2.6%下がった。

 最終学歴別に見ても、全グループで昨年末より下がっている。

 四年制大卒の希望年収の平均は昨年末に比べ3.1%低い3100万ウォン、短大卒は5.1%低下の2770万ウォン、高卒は8.4%下がった2740万ウォンだった。

 男女別では、四大卒の男性の希望年収が平均3240万ウォンで女性(2990万ウォン)を上回るなど、男性の方が女性よりも高い年収を希望した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。