Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮・最高人民会議 朝鮮総連結成65年で祝電=一層の協力促す

記事一覧 2020.05.25 10:10

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の最高人民会議(国会に相当)常任委員会は25日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央常任委員会宛てに朝鮮総連結成65年を記念する祝電を送った。朝鮮中央通信が伝えた。

東京にある朝鮮総連中央本部=(聯合ニュース)

 最高人民会議常任委は祝電で、「総連と在日同胞は自主的な統一と社会主義強国の偉業実現へ特色をもって貢献し、在日朝鮮人運動の強化、発展に向けて有利な国際的環境を整えるための対外事業を展開しなければならない」と強調。さらに「総連を最高領導者(金正恩=キム・ジョンウン=国務委員長、朝鮮労働党委員長)同志にどこまでも忠実な海外愛国組織として一層強化、発展させなければならない」と促した。

 朝鮮労働党機関紙の労働新聞も6面のほとんどを、朝鮮総連の65年間の歩みを評価する論説と特集記事に割いた。

 こうした祝電と報道は、北朝鮮に対し国際社会の制裁が続く中で在日朝鮮人の協力を促す狙いとみられる。

 故金正日(キム・ジョンイル)総書記の時代、朝鮮総連系の実業家は北朝鮮に資金や物資を送り、在日コリアンも北朝鮮に暮らす親戚に少なからぬ外貨を送金した。

 金正恩委員長も2013年から毎年、朝鮮総連に新年の祝電を送っている。15年の朝鮮総連結成60周年には平壌で中央報告会と祝宴が開かれた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。