Go to Contents Go to Navigation

即席袋麺 知名度は辛ラーメン・購入はジンラーメンに軍配=韓国

記事一覧 2020.05.25 13:58

【ソウル聯合ニュース】韓国の消費者は袋入り即席麺というと、韓国食品大手・農心の「辛ラーメン」を真っ先に思い浮かべる一方、実際には同オットゥギの「ジンラーメン」をよく購入していることが分かった。韓国放送広告振興公社が25日、消費者調査の結果を公表した。

ソウル市内の大型スーパーに並ぶ即席麺(資料写真)=(聯合ニュース)

 袋麺のうち真っ先に思い浮かぶ商品として、46%が辛ラーメン、22%がジンラーメンを挙げた。

 一方、ここ3カ月間に頻繁に購入した商品を尋ねると、ジンラーメンが26.4%で、辛ラーメンの23.5%を上回った。今後買いたい商品も、ジンラーメンの24%に対し辛ラーメンは20%だった。

 辛ラーメンの購入は20~30代を中心に男性が多かった。ジンラーメンは20~40代の女性と、高校生以下の子どもがいる家庭でよく購入している。

 袋麺の購入者の53%は、商品を選ぶ際に広告の影響があると答えた。特に地上波のテレビCMの影響が大きいことが分かった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。