Go to Contents Go to Navigation

支援団体批判の慰安婦被害者 前代表を痛烈批判=2回目の会見

韓日関係 2020.05.25 16:54

【大邱聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の活動を批判した被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが25日午後、南東部・大邱市内のホテルで2回目の記者会見を開き、正義連の前理事長で与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)次期国会議員について「私利私欲を満たして勝手に国会議員の比例代表に出馬した」と批判した。

会見を行う李さん=25日、大邱(聯合ニュース)

 李さんは、7日に行った最初の会見後に謝罪に訪れた尹氏に対し、李さんが涙を流しながら許したとする報道は「あまりに荒唐無稽だ」とし、「30年を共にしてきたのに(尹氏が)一言もなしに勝手に(活動を)投げ出した」と主張した。

 正義連がソウルの日本大使館前で開催している定例の「水曜集会」については「国民はもちろん、世界の皆さんがデモに参加されるのに、その方々にも何事もないかのように行動した」と述べ、尹氏が総選挙に出馬したことも「私は知らなかった」と強調。「(出馬に関して)私に話もなく、勝手にしたことなのに私が何を許すというのか」と怒りをにじませた。

 李さんは「全てをだまし、利用し、言葉もない」とし、「熊が芸をして金は主人が取る(苦労して得たものを横取りされるという意味のことわざ)ではないか」と語気を強めた。

車いすに乗って会見場に入る李さん=25日、大邱(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。