Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者「支援団体が被害者を利用したのは許せない」

記事一覧 2020.05.25 16:56

【大邱聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者、李容洙(イ・ヨンス)さんが25日午後、南東部・大邱市内で記者会見を開き、慰安婦被害者を支援する市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の前身組織である「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)について、「慰安婦を利用したことはとうてい許すことができない」と批判した。 

2回目の記者会見で資料を見せながら話す李さん=25日、大邱(聯合ニュース)

 李さんは会見で、昨年1月に亡くなった慰安婦被害者の故金福童(キム・ボクトン)さんについて振り返り、挺対協が金さんを大切に扱うべきだったにもかかわらず、米国をはじめあちこちへ連れ回して苦労をかけ、利用したと指摘した。

 また挺対協や正義連などの関係者が金さんの死に際して見せた涙について、「偽の涙」と主張。病気にさせておいて薬を与える行為であり、不正については検察が明らかにするだろうと述べた。

 李さんはまた、慰安婦問題を学生たちに正しく教える必要性を繰り返し強調したほか、日本の学生が事実を知らず、「韓国が嘘をついている」と話しているなどと指摘した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。