Go to Contents Go to Navigation

韓国名門大で「香港支持」の横断幕無断撤去 中国人留学生8人を略式起訴

記事一覧 2020.05.26 14:45

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル西部地検は26日、名門・延世大のキャンパスに掲げられていた香港の民主化運動を支持する内容の横断幕を無断で撤去したとして、同大学に留学している中国国籍の学生8人を暴力行為などの処罰に関する法律違反(共同財物損壊など)の罪で略式起訴し、罰金刑を求めたと発表した。

昨年10月、延世大キャンパスに掲げられた香港の民主化運動を支持する内容の横断幕が無断で撤去される様子(読者提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 略式起訴とは、検察が正式な裁判を開かず書面審理だけで罰金などを科すよう裁判所に請求する手続き。

 検察によると、これら中国人留学生は昨年10月から11月にかけ、香港を支持する延世大の学生団体が同大学のソウル・新村キャンパスに掲げた「香港を解放しろ」などと英語で書いた横断幕計6点を無断で撤去した罪に問われている。横断幕をたびたび撤去されたことから、団体側が警察に告訴していた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。