Go to Contents Go to Navigation

在外選挙費用が国内の50倍 郵便投票の導入必要=韓国立法調査処

記事一覧 2020.05.27 09:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の国会立法調査処は27日に発刊した報告書「在外国民選挙の現況と改善方向」で、在外選挙の投票方式として郵便投票制の導入を提案した。

国会立法調査処が在外選挙の郵便投票制導入を提案した(イラスト)=(聯合ニュース)

 報告書は、在外公館で投票が行われる現行の在外国民選挙制度について、投票率が低く選挙費用が相対的に高いと指摘した上で、「郵便投票は場所の制約がない上に便宜性が高く、公館での投票に比べ低コストで、投票率を高めることができる」との見解を示した。

 立法調査処によると、過去4回の公館投票の費用は1人当たり10万ウォン(約9000円)を超え、韓国国内での投票の費用(1人当たり約2000ウォン)の50倍を超えた。

 先月に実施された総選挙では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、公館での投票が不可能となった地域もあり、在外選挙の投票率が過去最低となった。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。