Go to Contents Go to Navigation

米戦略爆撃機が日本上空など飛行 北朝鮮の「核抑止力強化」けん制か

記事一覧 2020.05.27 20:41

【ソウル聯合ニュース】民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、米軍のB1B戦略爆撃機2機がグアムの空軍基地を離陸し、東シナ海を経て、東海や日本の上空を訓練飛行した。

B1Bの飛行ルート(エアクラフト・スポットのツイッターより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 訓練飛行は27日に行われたとみられる。空中給油機2機と日本の航空自衛隊に所属する戦闘機も参加したようだ。

 B1Bは12日にも朝鮮半島周辺を飛行するなど、アジア地域での飛行が増えている。

 この日の飛行訓練は、北朝鮮が24日に開いた朝鮮労働党の中央軍事委員会で、核戦争の抑制力を強化する方針を示したことなどに対するけん制との見方も出ている。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。