Go to Contents Go to Navigation

韓日の若者がオンラインで交流 新型コロナ克服への協力など議論

記事一覧 2020.05.28 08:00

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断している韓日の青少年交流事業がオンラインで実施されている。韓国教育部の国立国際教育院が28日伝えた。

昨年開催された韓日青少年交流事業の参加者(国立国際教育院提供)=(聯合ニュース)

 韓日の青少年交流事業は3月と6月に予定されていたが、日本側で事業を主管する日韓文化交流基金がオンラインでの交流を提案して実現した。

 国立国際教育院によると、4月20日~5月1日に実施された1回目のオンライン交流では、ビデオ電話「スカイプ」を使って韓日の大学生と高校生118人が新型コロナで変化した生活や女性の社会進出、韓日関係などについて話し合った。

 12日に始まった2回目のオンライン交流では両国の学生・生徒約100人が新型コロナを克服するための両国の協力や少子高齢化、就職、環境問題などについて議論されている。

 韓日の青少年交流事業は1988年に両国が人的交流を拡大することで合意したことに伴い、翌年から毎年行われた。これまでに両国の中高生、大学生など約1万4600人が参加した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。