Go to Contents Go to Navigation

南北共同宣言から20年 韓国各界で記念行事へ=新型コロナで非対面方式

記事一覧 2020.05.28 13:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部は28日、南北統一問題の自主的な解決などをうたった南北共同宣言から6月15日で20年を迎えることを受け、「南北関係の発展や朝鮮半島の恒久的な平和に対する国民の意志を集める記念行事を開催する」と明らかにした。

2000年6月14日、平壌の迎賓館で合意文書を交換する金大統領(左)と金委員長=(聯合ニュース)

 宣言は2000年6月13~15日、当時の韓国の金大中(キム・デジュン)大統領と北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が平壌で行った首脳会談で署名された。

 統一部によると、6月1日から各界でさまざまなイベントが開かれる。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、テレビ番組や交流サイト(SNS)イベントなど非対面方式を取り入れる。

 宣言が署名された6月15日には統一部やソウル市・京畿道、金大中平和センターなどによる記念式典の開催を進めている。ただ、新型コロナウイルスの感染状況などを見極めて、開催の是非を判断する方針だ。

 一方、韓国側は北朝鮮に対し、記念行事の共同開催を提案したが回答がなく、共同開催は実現しなかった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。