Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者 支援団体前代表の会見に「話すことない」

記事一覧 2020.05.29 17:18

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」の前理事長、尹美香(ユン・ミヒャン)氏が29日に寄付金の流用疑惑などを否定する記者会見を開いたことについて、疑惑を告発した慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが周囲に「話すことはない」と伝えたことが分かった。李さんの側近が明らかにした。

25日、大邱で会見を行う李さん=(聯合ニュース)

 李さんは今月7日に南東部・大邱で会見を開き、寄付金が「どこに使われているのか分からない」などと正義連の運営を批判し、波紋が広がった。25日には2回目の会見を行った。

 李さんの別の側近は「(李さんが会見を)あまり見なかった。話すことはまったくない(と話した)」と伝えた。

 尹氏は会見で、李さんに対し、「30年間一緒に活動してきたにもかかわらず、十分に意思疎通できず信頼を与えられなかったことを謝罪する」として、「謝罪と真心を伝える仕事を続けたい」と述べた。

 李さんが会見で強調した韓国と日本の青少年交流に関しては「韓国と日本の政府や国会、市民社会などが一緒に取り組む課題だ」として、「私の人生の中で賢明に国民と共につくっていく」との考えを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。