Go to Contents Go to Navigation

ユニクロ韓国法人社長が辞任 メール誤送信で引責か

記事一覧 2020.06.01 18:37

【ソウル聯合ニュース】メールの誤送信で物議を醸したユニクロ韓国法人、エフアールエルコリアのペ・ウジン社長が先月29日に辞任していたことが分かった。同社関係者が1日明らかにした。

メールの誤送信で物議を醸したユニクロ韓国法人の社長が先月29日に辞任していたことが分かった=(聯合ニュース)

 新社長にはロッテショッピングのチョン・ヒョンソク常務が就任したという。

 同社は2004年にロッテショッピングが日本のファーストリテイリングと49対51の比率で出資して設立した合弁会社で、共同代表により運営される。

 ペ氏は4月、社内の人事部門長に送ろうとしたメールを全社員に宛てて誤送信した。同メールには「会長に取締役会の報告を行ったところ、人事構造調整について関心が高い」「人員構造調整に問題のないよう、計画通りの推進を願う」との文言が含まれ、物議を醸した。

 エフアールエルコリアは同月7日に出したコメントで、個人的なミスであり、構造調整とは無関係だと釈明した。

 ペ氏の辞任はこのメール誤送信が影響したものとみられる。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。