Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮のユーチューブ動画 「交流協力法の規定対象ではない」=韓国政府

記事一覧 2020.06.02 13:27

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の当局者は2日、北朝鮮が近ごろ動画投稿サイト「ユーチューブ」を活用した新たな形の宣伝・扇動を行っていることに関し、「ユーチューブに投稿される北関連の動画は(韓国の)南北交流協力法の規定対象ではない」と記者団に述べた。ただ、こうしたユーチューブの北朝鮮関連動画は最近になって表れた新たな現象だとし、対応に関する関係機関との協議を準備中だと伝えた。

会見する統一部の報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 北朝鮮はメディアの報道を編集してユーチューブに掲載する従来の宣伝・扇動戦略を脱し、海外の若い世代を狙ったチャンネルを次々と開設している。7歳のユーチューバーや英語堪能な20代のユーチューバーが、洗練された動画で北朝鮮の様子を伝えるチャンネルなどが注目を集めている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。