Go to Contents Go to Navigation

韓国 クラブ利用者らをQRコードで管理へ=コロナ対策

記事一覧 2020.06.02 15:14

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、10日からクラブやカラオケボックスなどに入場する際にQRコードとスマートフォンを使って本人登録をするシステムを導入する。保健福祉部は2日から5日まで、昼休みの時間に運営してシステムの問題点などを把握し、改善策を検討する方針だ。

QRコードを使ったシステムをテスト運営している大田市内の図書館=2日、大田(聯合ニュース)

 韓国政府は感染リスクが高い施設の利用者には名前や連絡先などの記載を求めているが、虚偽記載したケースが相次いで発覚。QRコードを活用したシステムの導入を決めた。

 10日からはクラブやカラオケボックスなど八つの業種について同システムの導入が義務付けられる。

 クラブなどの利用者はスマートフォンに個人情報が含まれたQRコードを発行してもらい、施設の管理者に提示する。管理者はQRコードを読み込み、利用者の訪問記録を作成する。

 利用者の個人情報と訪問記録はQRコードの発行会社と公共機関の社会保障情報院に分散管理され、疫学調査が必要な場合にのみ分散された情報を合わせて利用者を確認する。収集された情報は4週間後に破棄される。

 韓国政府は同システムの本格的な施行に先立ち、1日からソウルや仁川、大田の3地域・17施設でテスト運営を行っている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。