Go to Contents Go to Navigation

韓国のコロナ新規感染者 49人に急増=首都圏で集団感染相次ぐ

社会・文化 2020.06.03 10:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は3日、この日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から49人増え、計1万1590人になったと発表した。新規感染者数はここ2日間、30人台で推移していたが50人近くに急増した。

仁川市内の保健所に設けられた新型コロナウイルスの専用診療所(資料写真)=(聯合ニュース)

 新規感染者49人のうち、入国者を対象とした検疫で感染は確認されなかった。感染経路は市中感染が46人、海外からの流入が3人と集計された。

 地域別ではソウル市が19人、仁川市が17人、京畿道が12人で、48人が首都圏での感染者だった。このほか大邱市で1人の感染が確認された。 

 この日から高校1年生、中学2年生、小学3・4年生の計約178万人が登校を開始したが、首都圏を中心に教会などからの集団感染が相次いでおり、防疫の死角になっているのではないかとの懸念が出ている。

 死者は前日から1人増え、計273人。

 中央防疫対策本部は、毎日午前10時に同0時時点の新型コロナ感染者数を発表している。

ynhrm@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。