Go to Contents Go to Navigation

5月の輸入車販売19.1%増 日本車は6割減=韓国

記事一覧 2020.06.03 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会は3日、5月の輸入乗用車の新規登録台数が2万3272台となり、前年同月比19.1%増加したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が長期化する中でもメルセデス・ベンツやBMWなど主要ブランドは販売を伸ばした一方、日本車は6割減となった。

トヨタ自動車のショールーム(資料写真)=(聯合ニュース)

 ベンツの販売台数は前年同月比7.5%増の6551台となり、トップを維持した。BMWは45.0%増の4907台。

 国・地域別では、米国ブランド車の販売台数が前年同月比58.0%増、ドイツ車を含む欧州車は40.7%増となった。

 一方、昨年の日本製品の不買運動も尾を引き、韓国国内で苦戦を強いられている日本車は前年同月比62.1%急減した。ブランド別では高級ブランドのレクサス(トヨタ自動車)が727台で49.2%減となり、トヨタ(61.8%減)、日産(23.7%減)、ホンダ(86.0%減)、インフィニティ(日産自動車、69.4%減)なども販売が大きく落ち込んだ。

 ただ、前月に比べるとレクサスは57.7%増加し、トヨタも57.0%増となった。

 日産とインフィニティブランドは今年末、韓国進出16年にして韓国市場から撤退する予定だ。

メルセデス・ベンツの大型スポーツタイプ多目的車(SUV)(メルセデス・ベンツ・コリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
韓国市場から撤退する日産自動車のインフィニティ(資料写真)=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。