Go to Contents Go to Navigation

韓国検察 慰安婦団体の会計担当者を相次いで聴取=不正疑惑巡り

記事一覧 2020.06.04 14:16

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル西部地検は4日午前、不正会計などの疑惑が取り沙汰されている市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の前身である「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)で会計を担当していた関係者を参考人として事情聴取した。

ソウル西部地検(資料写真)=(聯合ニュース)

 検察は先月26日と28日に正義連の会計担当者、今月1日に挺対協の別の会計担当者を聴取した。

 正義連を巡っては複数の団体が不正会計や寄付金の横領疑惑、被害者の憩いの場としてソウル郊外の安城市にある建物を相場より高く購入したなどの疑惑があるとして、正義連の前理事長の尹美香(ユン・ミヒャン)国会議員らを検察に告発している。正義連と尹氏に対する告発件数は約10件に上る。

 検察は先月20~21日、正義連の事務所や挺対協が建てた「戦争と女性の人権博物館」など3カ所を家宅捜索した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。