Go to Contents Go to Navigation

気象悪化で延期の海上射撃訓練 11日に実施=韓国軍

政治 2020.06.06 09:00

【ソウル聯合ニュース】韓国軍が、気象悪化を理由に延期していた陸・海・空軍による合同海上射撃訓練を11日に東部の慶尚北道・蔚珍の海岸で実施する。軍消息筋が伝えた。

「天舞」の射撃訓練(資料写真)=(聯合ニュース)

 軍は当初、先月19日に同じ場所で海上射撃訓練を実施予定だったが、気象悪化で先送りした。一部では北朝鮮の反発を意識した延期だったとの見方も出たが、この日は訓練予定海域に波浪注意報が発令されるなど、実際に訓練に適さない気象だったことが確認された。

 今回の訓練は、延期された訓練と同様の規模で実施される見通しだ。新型多連装ロケットシステム(MLRS)「天舞」で海上の標的艦を射撃する訓練などが行われる。

 韓国軍は南北軍事境界線から40キロ以内の地域での砲射撃を禁じた2018年9月の南北軍事合意を順守し、慶尚北道で訓練を実施する。軍事合意に基づき、北朝鮮に近い北東部の江原道・高城の射撃場での射撃訓練は見合わせている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。