Go to Contents Go to Navigation

韓中結ぶ国際線 「来月から増便可能」=在韓中国大使館

記事一覧 2020.06.08 19:28

【ソウル聯合ニュース】在韓中国大使館の報道官は8日、聯合ニュースの取材に対し「2月から4カ月間、韓国と中国を往来した航空機の搭乗客の中に、新型コロナウイルス感染者が1人も出なかった」とし、現状が維持されれば、来月から両国を結ぶ便を増便することが可能と話した。

来月から韓国発中国行きの航空便が週1便から2便に増便される見通しとなった(環球時報提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 また、韓国は新型コロナに関連して「よく管理してきた」と評価し、「航空機の搭乗客から感染者が出なければ、来月の初めには韓国発中国行きの航空便が今の(週)1便から2便に増便されるだろう」と説明した。

 現状が維持された場合という条件付きではあるものの、7月から韓国と中国を結ぶ航空便が増便される可能性があることを、事実上認めたものと受け止められる。

 中国当局は新型コロナウイルス感染拡大を受け、3月末から海外の航空会社については1社1路線、週1往復のみ、中国便の運航を認めていた。

 中国メディアによると、中国当局はこの日からすべての航空会社に対し、3週連続で乗客から感染者がでなければ、中国便を週2便に増やすことを認めた。

 ただ、乗客の5人以上の感染が確認されれば1週間、10人以上であれば4週間の運航停止にする。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。