Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮側が正午の通話にも応じず 通信信号は正常=韓国当局

記事一覧 2020.06.09 14:51

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部は北朝鮮が南北間の通信連絡線を完全に遮断するとした9日正午、南北共同連絡事務所を通じて通話を試みたが、北朝鮮側が応じなかったと明らかにした。

南北首脳間のホットライン(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ただ、信号が完全に遮断されたわけではなく、韓国側の電話に応じない状態という。

 北朝鮮の朝鮮中央通信はこの日、南北連絡事務所を通じて維持してきた南北当局間の通信連絡線、軍の通信線、朝鮮労働党中央委員会本部庁舎と韓国青瓦台(大統領府)とのホットラインなど韓国との全通信手段が同日正午をもって完全に遮断・廃棄されることになったと報じた。

 北朝鮮は午前から南北連絡事務所や軍の通信線、南北艦艇間のホットラインに応じていない。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。