Go to Contents Go to Navigation

釜山国際映画祭 通常開催目指し準備着々=韓国

記事一覧 2020.06.09 16:50

【ソウル聯合ニュース】韓国・釜山市で10月に開催される釜山国際映画祭(BIFF)の準備が順調に進められている。

昨年の釜山国際映画祭(資料写真)=(聯合ニュース)

 映画祭側は8月末までに招待作品の選定を終え、オープニング作品とクロージング作品を決定し、9月初めに記者会見を開く予定だ。

 映画祭の関係者は「新型コロナウイルスの感染拡大の影響で流動的ではあるが今のところオンライン開催ではなく通常開催を目標に準備を進めている」と説明した。

 無観客で開催された全州国際映画祭(5月28日~6月6日)など新型コロナウイルス流行の中で開かれた国内外の映画祭の例をモデルに、万一の場合にも備えている。

 今年で25回目を迎える釜山国際映画祭は「新たな始まり、Always BIFF」をテーマに10月7日~16日に開催される。

 全てのプログラムは安全を最優先させる。開幕式と閉幕式はオンラインでも生中継される。釜山訪問が難しい海外の映画関係者はライブ中継や事前収録映像などを通じ参加できるよう準備する。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。