Go to Contents Go to Navigation

不正疑惑の慰安婦団体 定例集会でメディア批判=韓国

記事一覧 2020.06.10 15:28

【ソウル聯合ニュース】不正会計疑惑などが持ち上がっている韓国の旧日本軍の慰安婦被害者を支援する市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)が10日、同団体に対する取材競争を繰り広げてきたメディアを強く批判した。

水曜集会の様子=10日、ソウル(聯合ニュース)

 正義連のイ・ナヨン理事長は同日、ソウルの日本大使館前で開かれた旧日本軍の慰安婦問題の解決を求める定例の「水曜集会」で、6日に亡くなった正義連の運営施設の所長を追悼し、「故人の死後、メディアによるあらゆる予断や憶測、無分別な疑惑提起、責任転嫁、個人情報特定、遺族や活動家への無分別な接近や違法撮影が依然として続いている」と述べた。

 一方、集会参加者は日本の謝罪や補償などの問題が解決されるまで水曜集会を続ける意向を示した。

 同日の集会を主管した韓国女神学者協議会は声明で「われわれが被害当事者でないにもかかわらず旧日本軍の性奴隷問題に対し声を上げることができるのは、この問題が単なる被害者個人と加害者たちの間で起きたことではないためだ」とした上で、水曜集会をやめることはできないと主張した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。