Go to Contents Go to Navigation

今年の国内旅行希望回数 新型コロナで6回から1.8回に減少=韓国

記事一覧 2020.06.10 15:44

【ソウル聯合ニュース】韓国観光公社は10日、新型コロナウイルスの感染拡大による国内旅行への影響に関する国民へのアンケート調査結果を公表した。新型コロナ感染が本格化する前に回答者が計画していた今年の国内旅行回数は平均6.0回だったが、本格化して以降は平均1.8回に減少した。

済州島の風景(済州観光公社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 調査は先月7~17日に国民1万9529人を対象に実施した。

 旅行を再開する場合の同行者としては、99.6%が家族を選んだ。家族を選んだ割合は2018年調査(49.4%)のおよそ2倍だ。

 同行者として友人・恋人を選んだ割合は18年の41.2%から今年は27.3%に低下。親睦団体・サークルを選んだ割合は0.1%にとどまり、大勢の他人との旅行は避ける傾向にあることが分かった。

 国内旅行を再開したい時期としては、「9月以降」が33.9%で最も多く、より早い「6月半ばまたは後半」は12.7%、「7月」は13.6%だった。

 国内旅行の再開時に最初に訪れたい場所としては済州島が43.3%でトップ、次いで江原道(23.4%)、慶尚道(14.0%)、釜山(10.4%)などと続いた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。