Go to Contents Go to Navigation

韓国・CJ第一製糖の「美酢」 日本で急成長

記事一覧 2020.06.11 15:13

【ソウル聯合ニュース】韓国の食品大手、CJ第一製糖の果実発酵酢から作った飲むお酢「美酢(ミチョ)」が日本市場で急成長を遂げている。

美酢(CJ第一製糖提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 美酢は水や炭酸水で割って飲む。同社によると、昨年の日本市場での美酢の売上高は860億ウォン(約77億円)で、2015年の50億ウォンと比較すると17倍以上に増えた。売上高は16年が120億ウォン、17年が180億ウォン、18年が350億ウォンと、毎年増加を続けている。

 CJ第一製糖は、日本の消費者に美酢を知ってもらうため試飲イベントが可能なコストコで販売する方法で日本市場に進出したと説明。輸入食品の専門ショップやカフェなどへ販路を広げ、20~30代の女性を攻略したとしている。日本では消費者の好みに合わせ、カラマンシー、パイナップル、マスカット、ももなど7種類を発売した。

 同社は年内にさまざまな新製品を発売する一方、日本に約60店舗を構える台湾発のティーブランド「Gong cha(ゴンチャ)」と共同でメニューを開発し、美酢の販売を増やす計画だ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。