Go to Contents Go to Navigation

ソウル日本人学校 約4カ月ぶり登校再開へ

記事一覧 2020.06.12 14:15

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの影響で休校となっていたソウル日本人学校が15日に入学式・入園式を行い、16日に登校を開始する。約4カ月ぶりの登校となる。

ソウル日本人学校(資料写真)=(聯合ニュース)

 同校の西川隆志教頭によると、校内にサーモグラフィーを設置して検温を実施するなど、新型コロナウイルスの防疫対策を徹底する方針だ。

 新型コロナの影響で延期していた入学式は8日に実施する予定だったが、感染が再び拡大していることを受けて韓国政府が5月29日から今月14日まで首都圏での防疫管理を強化する方針を示したため、さらに1週間の延期を決めた。

 韓国では5月20日に高校3年生を皮切りに、今月8日までに全学年の登校が順次始まった。

 同校在籍の園児・児童・生徒数は計約290人となっている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。