Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮外相「より確実な力を育てる」 米朝首脳会談から2年で談話

記事一覧 2020.06.12 08:46

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の李善権(リ・ソングォン)外相は史上初の米朝首脳会談から2年を迎えた12日、談話を発表し、「わが共和国の変わらない戦略的目標は米国の長期的な軍事的脅威を管理するため、より確実な力を育てること」と表明した。

2018年6月12日、シンガポールで会談する金委員長とトランプ米大統領=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 談話は「2年前に高まった朝米(米朝)関係改善への希望は絶望に変わった」として、「われわれの最高指導部と米国大統領の親交関係が維持されているといっても朝米関係は改善しておらず、(首脳会談が開かれた)シンガポールで握手した手を握り続ける必要があるのかとの疑問が生じる」と指摘。「2度と見返りなく米国の執権者に治績の包みを与えない」と強調した。

 また、「米国は言葉では関係改善を表明したが、実際は情勢激化だけに狂奔してきた」とし、「米国によって朝鮮半島は平和保障という言葉とは裏腹に、核戦争の幽霊が常に徘徊(はいかい)する世界で最も熱い地域に化した」と批判した。

 談話は朝鮮労働党機関紙、労働新聞には掲載されなかった。米国務省が北朝鮮に「失望した」と表明したことについて、「妄言」と反発したクォン・ジョングン外務省北米局長の発言も同紙では紹介されなかった。一方、韓国の北朝鮮脱出住民(脱北者)団体による北朝鮮批判のビラ散布を厳しく非難する金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長の談話は同紙に掲載されており、南北関係とは異なり米国に対しては非核化交渉の余地を残す狙いがあるとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。