Go to Contents Go to Navigation

韓国企業社員の家族も入国 ベトナムが例外初適用

記事一覧 2020.06.12 20:29

【ハノイ聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために外国人の入国を制限しているベトナムに12日、韓国企業の社員とその家族301人が例外的に入国した。ハノイ韓人商工人連合会が伝えた。

例外入国が認められ、ベトナム入りした韓国企業の社員ら(ハノイ韓人商工人連合会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同連合会によると、180社の社員とその家族301人は同日、チャーター機でベトナム北部のクアンニン省に到着した。

 ベトナム政府が新型コロナウイルス感染拡大防止のために入国制限を実施してから、外国企業の社員の家族に対し、例外的な入国を認めたのは今回が初めて。 

 今回入国したのは、ベトナム政府が先ごろ入国を認めた863人の一部。早急な入国が求められていた社員193人が9日に入国しており、最後となる第3陣が来週入国する予定になっている。

 ベトナムに入国した韓国企業の社員とその家族は、クアンニン省のホテルで2週間隔離された後、それぞれの事業所や居住地に移動する。

 例外入国が認められた人は、事前に新型コロナウイルス検査で陰性だったことを確認する書類を提出しており、隔離期間中は精密なウイルス検査を2回受ける。

 ベトナム政府は今年3月から現在までに、サムスンやLGなどの韓国の大企業のみならず、中小・中堅企業の社員や、現地の学校に在学する韓国人留学生など約3500人の入国を例外的に許可している。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。