Go to Contents Go to Navigation

韓国外相の義父 「抗日独立有功者」認定を申請

韓日関係 2020.06.15 14:14

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官の義父、李気乙(イ・ギウル)延世大名誉教授(経営学)=96=が「抗日独立有功者」の褒賞を申請していたことが15日、分かった。審査に通れば独立有功者として登録される。 

李気乙氏=(聯合ニュース)

 李氏は日本による植民地時代の末期に「5人読書会」と呼ばれる事件に加担した。5人読書会は中央高等普通学校の4年生だった李氏ら5人が1940年に民族の精気を高め、独立を勝ち取る目的で設立した組織だ。翌年にある学生の連絡の手紙が日本の警察に見つかり、李氏も検挙されて一時刑務所に収監されたという。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。