Go to Contents Go to Navigation

文大統領「対話の窓を閉ざしてはならない」 北朝鮮に促す

記事一覧 2020.06.15 19:59

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、軍事境界線に近い京畿道・坡州の烏頭山統一展望台で開かれた南北共同宣言20周年記念式に寄せたビデオメッセージで、北朝鮮に対し「反目と誤解が平和と共存のための努力を妨げてはならない」とした上で、対話の窓を閉ざさないよう促した。意思疎通と協力で問題を解決すべきであり、障壁があっても対話を通じて知恵を集め乗り越えなければならないと述べた。

南北共同宣言20周年記念式に寄せたビデオメッセージで祝辞を述べる文大統領(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 文大統領は、朝鮮半島の緊張が高まっていることについて遺憾の意を示すとともに、北朝鮮が韓国の一部の北朝鮮脱出住民(脱北者)団体による北朝鮮批判のビラ散布と韓国政府の対応を非難したことにも言及した。2018年4月に南北首脳が合意した板門店宣言に、軍事境界線一帯でのビラ散布など全ての敵対行為を中止すると盛り込まれているとし、「平和を愛する人なら誰もが順守すべき合意で、国民も心を合わせてほしい」と呼び掛けた。

 また、文大統領は「何よりも重要なのは南北の信頼だ。たゆまぬ対話で信頼を築かなければならない」との認識を示した。「平和は一朝一夕で実現するものではなく、誰かが代わりにもたらしてくれるものでもない。南北が連携し協力する時代を必ず開く」と強調した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。