Go to Contents Go to Navigation

男子ゴルフ世界ランクで任成宰21位 松山抜きアジア選手で最高

記事一覧 2020.06.16 08:41

【ソウル聯合ニュース】男子ゴルフの14日付世界ランキングが発表され、韓国の任成宰(イム・ソンジェ、22)は21位となり、松山英樹(日本、23位)を抜いてアジア選手で最高位を記録した。韓国の選手としては 2012年の崔京周(チェ・キョンジュ)以来、7年半ぶりのアジアトップ。

任成宰=(AFP=聯合ニュース)

 ランキングは新型コロナウイルスの影響で3月から凍結されていたが、今回から再開した。任は前回の23位から順位を二つ上げた。出場した直近3大会では、3月の米男子ゴルフのホンダ・クラシック優勝を含め上位10位入りしている。

 一方、13年6月からアジア選手首位を守ってきた松山は、前回の22位から後退した。

松山英樹=(AFP=聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。