Go to Contents Go to Navigation

新型コロナで旅行に変化 安全最優先で「家族と近場に」=韓国調査

記事一覧 2020.06.16 11:01

【ソウル聯合ニュース】韓国観光公社は16日、通信大手のSKテレコムとKTのデータを活用し、韓国で新型コロナウイルス感染者が最初に発生した1月20日から5月30日までの21週間の国内観光客の移動パターンと行動の変化を分析した結果、全般的な観光活動でも「安全」を最優先に考えていることが分かったと明らかにした。

新型コロナウイルスの影響により、家族との近場への旅行が好まれる傾向が強まった(釜山市海雲台区提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 観光公社は、全国的に「家の近所の自然がある空間で、家族と一緒に安全に野外活動をすること」を好む傾向が顕著にみられたと説明した。

 また、新型コロナウイルスの流行後の観光トレンドを「SAFETY(安全)」を頭文字とする▼近距離(Short distance)▼野外活動(Activity)▼家族単位(Family)▼自然親和的(Eco-area)▼人気観光地(Tourist site)▼観光需要回復の兆し(Yet)の六つのキーワードで紹介した。

 観光公社は「一例として首都圏や大都市の近くにあるキャンプ場を中心にキャンプ客が73%急増している。これは安全を意識して野外で家族と過ごす空間を好む結果とみられる」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。