Go to Contents Go to Navigation

開城などに軍駐留へ 境界線付近での軍事訓練も計画=北朝鮮軍

記事一覧 2020.06.17 07:36

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信によると、朝鮮人民軍総参謀部の報道官は17日、金剛山観光地区と開城工業団地地域に軍を駐留させる方針を明らかにした。また南北軍事境界線付近での軍事訓練再開を計画していると明らかにした。

爆破前後の南北共同連絡事務所
16日、開城にある南北共同連絡事務所の爆破を伝える朝鮮中央テレビのアナウンサー=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 これらは2018年9月の南北首脳会談の際に締結された南北軍事合意を事実上破棄することを意味する。

 北朝鮮は前日の16日、開城にある南北共同連絡事務所を爆破している。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。