Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ「暑い夏も拡大、流行は長期化」 韓国当局が注意喚起

記事一覧 2020.06.17 17:54

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの再流行を懸念する声が高まる中、防疫当局が長期流行の可能性を指摘し、国民に向け警戒を呼び掛けた。 

厳しい表情を見せる鄭銀敬氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は17日の会見で、「新型コロナは温度変化と関係なくワクチンや治療薬が開発されるまでは長期間流行するとみられる」と指摘した。

 また最近の海外での状況を紹介した上で、「新型コロナは夏を迎えても全く弱まっていない。かえって世界各国では封鎖が弱まった合間に感染が再流行している」と指摘した。

 鄭氏は「新型コロナはわれわれの油断を見逃さない」とし、「国民全員が警戒心を持ち、不要な外出や集まりを自粛し、また不便でつらくても、マスク着用と手洗いは守ってほしい」と要請した。 

 また密閉・密集・密接の「3密」の危険性を再度強調し、感染拡大を防ぐため3密を減らすことを習慣化するよう呼び掛けた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。