Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者の養子を参考人聴取 死亡の支援施設所長と補助金巡る疑惑で=韓国

記事一覧 2020.06.18 10:11

【ソウル、仁川聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)による国家補助金の不正会計疑惑を捜査している検察が、正義連が運営するソウル市内の施設「平和のわが家」で暮らしていた慰安婦被害者の吉元玉(キル・ウォノク)さんの養子とその妻を参考人として事情聴取したことが、18日までに分かった。

ソウル西部地検=(聯合ニュース)

 関係者によると、ソウル西部地検は16日に吉さんの養子の牧師とその妻を参考人として呼び出した。

 検察は、吉さんが毎月受け取っていた政府からの補助金と6日に亡くなった「平和のわが家」の所長との関係などについて事実関係を確認したとされる。 

 一部メディアは、牧師の妻の話として、吉さんが毎月受け取っていた補助金が別の口座に流れており、これを知った妻が所長に説明を求めたところ、所長が自ら命を絶ったと報じた。

 正義連を巡る疑惑に関連し、牧師は「検察に行って全て陳述してきた。これ以上話すことはない」と述べた。

 今月初めまで「平和のわが家」で暮らしていた吉さんは、所長の死亡を受けて11日に牧師が運営する教会に居を移した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。