Go to Contents Go to Navigation

文大統領「南北関係は対話で解くべき」 懇談会出席者伝える

記事一覧 2020.06.18 11:14

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日に青瓦台(大統領府)に外交・安全保障分野の重鎮を招いて南北関係に関する意見を聞いた際、「南北関係は常に平坦ではなかった」としながら、「忍耐をもって状況を管理し、対応を適切にしながらも、どうにかして対話で解くようにしなければならない」と述べた。会合に出席した朴智元(パク・チウォン)前国会議員が18日、ラジオ番組に出演し、明らかにした。

昼食を交えた懇談会の様子(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 一部の報道では、この日の懇談会で文大統領は北朝鮮への失望感を口にしたとされるが、朴氏は「そうした言葉を聞いた記憶はない」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。