Go to Contents Go to Navigation

韓国企業関係者約200人 インドに例外入国へ

記事一覧 2020.06.18 19:33

【ニューデリー聯合ニュース】民間航空の国際線の運航が中止されたインドで、韓国企業関係者約200人が現地に入国するための特別機が準備されたことが、18日分かった。

5月にはインド南部・チェンナイから現地在住の韓国人らがチャーター機で帰国した(チェンナイ韓人会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 外交当局と業界によると、韓国企業約70社の社員約200人が乗ったアシアナ航空の特別機が19日午後、インド・ニューデリーの空港に到着する。

 この便には、各企業の生産設備維持、補修のための技術者や新規赴任者などが搭乗した。

 現地の韓国企業は、3月から国際線の運航中止と外国人の入国禁止措置などによって企業活動に困難をきたしてきた。インド政府が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために封鎖措置を行い、空路が事実上途絶えたためだ。 

 これを受け、在インド韓国大使館と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)インドビジネス協力センターなどがインド外務省、航空当局やアシアナ航空などと接触し、例外入国のための航空便運航にこぎつけた。

 在インド韓国大使館の関係者は「両国間の経済交流拡大のため、インド政府とこのような協力策を講じることになった」と説明した。

 韓国大使館側は、今後も一定以上の需要があれば特別機の編成を推進する計画だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。