Go to Contents Go to Navigation

日本の輸出規制巡るWTO紛争 パネル設置要請=韓国

記事一覧 2020.06.18 19:26

【ジュネーブ聯合ニュース】日本の対韓輸出規制強化を巡り、世界貿易機関(WTO)での韓日間の紛争が本格化する。

日本の対韓輸出規制強化を巡り、韓国政府がWTOにパネル設置を要請した(イラスト)=(聯合ニュース)

 WTOの本部があるスイス・ジュネーブの韓国代表部は18日(現地時間)、WTO事務局と在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に紛争処理小委員会(パネル)設置要請書を送付したと発表した。

 WTOの紛争解決手続きは二審制で、パネルは一審に相当する。パネルの判断に不服があれば最終審に当たる上級委員会に上訴できるが、同委員会は昨年12月から紛争処理機能が停止している。通常、パネルの判断まで約1~2年、最終判断まで約2~3年かかる。

 韓国政府は昨年、日本によるフッ化水素など半導体・ディスプレー材料3品目の対韓輸出規制強化は不当としてWTOに提訴し、両国は2国間協議を行ったが平行線に終わった。ところが同年11月22日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了通告の効力を停止させ、同時にWTOへの提訴手続きも停止した。

 その後、韓国政府は日本側が対韓輸出規制の理由として挙げた問題点を全て改善し、日本に対し輸出規制の解決策に関する立場を先月末までに明らかにするよう求めたが、前向きな返答がなかったため今月2日にWTOへの提訴の手続き再開を発表した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。