Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTSがオリコン上半期アルバム1位 海外歌手ではM・ジャクソン以来

記事一覧 2020.06.19 10:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)が、海外の歌手として36年ぶりに日本のオリコンチャートで上半期アルバムランキング1位を獲得した。所属事務所のビッグヒットエンターテインメントが19日、伝えた。 

BTS(ビッグヒットエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 BTSが2月に発売した4枚目のフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」は日本で約42万9000枚を売り上げ、「オリコン上半期ランキング2020作品別売上数部門」の「アルバムランキング」で首位に立った。

 海外の歌手のアルバムが同ランキングで1位を記録したのは、1984年のマイケル・ジャクソンのアルバム「スリラー」以来。男性歌手としては、2017年のSMAP以来3年ぶりとなる。

 「MAP OF THE SOUL:7」はリリース直後にオリコンのデイリーアルバムランキング、週間アルバムランキング、週間合算アルバムランキングで軒並み1位を獲得した。

 BTSのシングル「Lights/Boy With Luv」は、韓国歌手として初めて100万枚を超えるミリオンセラーを記録。日本ゴールドディスク大賞では2年連続で複数部門で受賞するなど、日本でも高い人気を誇っている。

 来月15日に日本での4枚目フルアルバム「MAP OF THE SOUL:7~THE JOURNEY~」の発売を控えたBTSは、19日にタイトル曲「Stay Gold」を先行公開する。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。