Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(6月23日)

◇釜山停泊中のロシア船で16人感染

 韓国南東部・釜山の甘川港に入港したロシア籍の貨物船で22日、船員21人のうち16人の新型コロナウイルス感染が確認された。貨物船は19日に釜山港に寄港し、21日から甘川港に停泊している。船員は全員、船内に隔離されており、感染者は釜山医療院などに移送される。荷役作業のため貨物船に乗船した韓国人労働者ら約160人も隔離された。

停泊中のロシア籍貨物船(読者提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

◇新型コロナ長期化で「段階別距離確保」具体化へ 近く発表

 政府は新型コロナウイルスの長期化を受け、感染防止策として人と人との距離確保を段階別に実施する方策を検討しており、近く発表する方針だ。これまで距離確保は新型コロナウイルスの感染状況に応じ、「社会的距離確保」「強力な社会的距離確保」「生活の中での距離確保」などの措置を行ってきたが、具体的な基準や相違点が不明確だった。

◇トランプ氏 文大統領に「韓日対立に関与したくない」=ボルトン氏が著書で主張

 ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障担当)がトランプ政権の内幕を描いた回顧録(23日発売)で、トランプ大統領が文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、韓国と日本の対立に関与したくないとの意思を伝えたと主張した。ボルトン氏は昨年7月に韓国と日本を訪問したことに触れ、「トランプ大統領がすでに文大統領に(韓日の)紛争に関与したくないと話したため、われわれにできることは多くなかった」と記した。

◇ビラ散布は「表現の自由」 ソウル国連人権事務所長

 国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が北朝鮮の人権状況を監視するため設置したソウル国連人権事務所のポールセン所長は聯合ニュースのインタビューに対し、北朝鮮脱出住民(脱北者)団体が北朝鮮批判のビラを散布する活動について、「重要なのは南北とも表現の自由を保障する『市民的および政治的権利に関する国際規約』を批准していること」として、「この規約は情報をさまざまな手段を通じて国境を越えて配布し、受け取る権利を保障する」と述べた。

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。