Go to Contents Go to Navigation

「真の5G」来年以降か サムスンの下半期新製品がサポートせず=韓国

IT・科学 2020.06.23 09:40

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が下半期に発売するフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート20」は、次世代通信規格「5G」に割り当てられた28ギガヘルツ(GHz)帯と、5G単独でネットワークを構成するスタンドアローン(SA)方式をサポートしない見通しだ。同社と大手通信事業者3社がこうした方針を固め、詳細を詰めていることが23日、業界関係者の話で分かった。その場合、サムスン電子が同じころ発売予定の別のスマホやLG電子の下半期のフラッグシップスマホも同様にサポートを見送ると予想される。5G本来の特徴を生かした通信サービスをスマホで体験できるのは来年以降になりそうだ。

「ギャラクシーS20」の最上位モデル「ギャラクシーS20ウルトラ」(サムスン電子提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現在韓国で商用化されている5Gサービスは、3.5GHz帯を使う非スタンドアローン(NSA)方式となっている。3.5GHz帯の通信速度は現行の通信規格LTEの3~4倍にとどまる。また、NSA方式はLTEのネットワークを活用するため、遅延が発生しやすい。速度をLTEの最大20倍にし、低遅延を実現するには、28GHz帯とSA方式の導入が欠かせない。

 通信事業者3社は当初、今年下半期に28GHz帯を使用するサービスを商用化する方針だった。だが、3.5GHz帯の5Gサービス開始から約1年たつものの思うように収益が上がらず、コストがかさむ28GHz帯のネットワーク構築への投資に踏み切れないでいる。

 通信事業者関係者は「ひとまず年末に28GHz帯の構築を始めることが目標」と述べ、商用化は来年になるとの見方を示した。

 一方、サムスン電子関係者によると、上半期に発売したフラッグシップスマホ「ギャラクシーS20」は、ネットワークが整えばソフトウエアを更新することでSA方式をサポートできるようになっている。

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。