Go to Contents Go to Navigation

WHO 韓国は「安定的」と評価=「首都圏で第2波」発表に

記事一覧 2020.06.23 09:50

【ジュネーブ聯合ニュース】世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は22日(現地時間)の記者会見で、韓国当局が首都圏で新型コロナウイルス感染の第2波が起きていると発表したことについて、「韓国は依然として(感染の)統制措置をしっかり行っている」との認識を示した。

鄭銀敬氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、「韓国全体の感染者数は極めて安定的」として、「韓国の防疫当局はウイルスがどこにあり、どうやって感染するか観察しており、ウイルスに勝つために戦っている」と評価した。

 韓国の中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は22日の会見で、「首都圏の場合、第1波が4月まであり、5月の連休に第2波が触発され現在まで続いている」と指摘。「大流行ではないが、地域社会で第2波が流行している」とし、「こうした流行は(今後も)繰り返されると思う」との見通しを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。