Go to Contents Go to Navigation

脱北者団体「22日夜にビラ散布」 警察と軍は事実確認中=韓国

記事一覧 2020.06.23 10:08

【ソウル聯合ニュース】韓国の北朝鮮脱出住民(脱北者)団体「自由北韓運動連合」の朴相学(パク・サンハク)代表は23日、前日夜に北朝鮮を批判するビラを南北境界地域の京畿道・坡州から北朝鮮に向けて飛ばしたと明らかにした。警察と軍ではまだ確認が取れていないようだ。

ビラなどをくくりつけて飛ばされた風船(自由北韓運動連合提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 朴氏によると、自由北韓運動連合の会員6人は坡州市内で22日午後11時から約1時間にわたり、「6・25(朝鮮戦争)惨状の真実」と題したビラ50万枚と韓国の発展などを紹介する小冊子500冊、1ドル(約107円)紙幣2000枚、SDカード1000個を20個の大型風船にくくりつけて飛ばした。

 朴氏に対する警察の監視が厳しいため、新規会員に方法を教え、真っ暗な場所を選んで散布させたという。また、大型風船に注入するための水素ガスが押収され、調達も難しくなったため、代わりに高額なヘリウムガスを購入したとも語った。

 北朝鮮は脱北者団体のビラ散布を強く非難し、対抗する構えを見せるが、脱北者団体は散布の続行を表明している。このため南北境界地域では緊張が高まり、警察は24時間体制で警戒に当たっている。22日夜のビラ散布に関し、警察と軍関係者は「事実関係を確認中」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。