Go to Contents Go to Navigation

赤十字が見た朝鮮戦争 避難民や捕虜を写した70枚の写真公開

記事一覧 2020.06.24 11:01

【ソウル聯合ニュース】朝鮮戦争(1950~53年)勃発70年を25日に控え、聯合ニュースが24日、赤十字国際委員会(ICRC)から入手した戦時中の写真70枚を公開した。爆撃で荒廃したソウル中心部、南へ避難する人波、捕虜収容所での生活などが写っている。戦争の悲劇に見舞われた朝鮮半島の当時の様子がうかがえる貴重な写真だ。

1951年6月4日に巨済の捕虜収容所で撮影された写真。洗濯物の洗い場で、捕虜の少年(左)がICRC職員と握手を交わしている(ICRC提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 写真は朝鮮半島に派遣されたICRC関係者が残したもの。朝鮮戦争が始まると同時に、ICRCは国連軍と共産勢力間のジュネーブ諸条約順守の監視や難民保護などの人道的活動に乗り出した。

 目を引く写真のひとつに、幼い捕虜を写したものがある。1951年6月4日に南東部・巨済の捕虜収容所で撮影された。ICRC職員と握手を交わしている少年の天真爛漫(らんまん)な笑顔が印象的だ。この少年が北朝鮮軍、または中国軍(義勇軍)所属だったのかは確認できていない。

1951年6月4日、巨済の捕虜収容所で騎馬戦に興じる被収容者(ICRC提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 この収容所で捕虜が息抜きのひと時を過ごす場面もカメラはとらえた。同じく1951年6月に撮影された写真では、上半身裸になって騎馬戦を楽しんでいる。

 一方、戦争の荒波の中、南へと逃れる人々は必死の表情だ。1950年12月に南東部の大邱で撮った写真は、汽車に乗ろうとする人でひしめいている。寒さをしのぐために毛布や何枚もの服を巻き付けているのが分かる。頭の上に荷物を載せて、あるいは子供をおぶって、何とかして移動したり車両の屋根によじ登ろうとしたりしている。

1950年12月29日、大邱からさらに南に逃れようと、汽車に乗り込む人々(ICRC提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
車両内に入れなかった人たちが屋根に上っている(ICRC提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 大邱あたりと思われるどこかの川で、渡し船に乗った人々を写した写真もある。櫓(ろ)をこいでいるのは男の子だ。 

1951年、川を渡って避難する人々(ICRC提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 爆撃で廃墟と化したソウルの様子も写された。1952年1月、爆撃後のソウル中心部はほぼすべての建物が破壊されており、通りを歩く人もまばらだ。

 だが廃墟の中でも市は立つ。韓服(韓国固有の衣装)を着た女の子など、数人の子どもたちの姿も見える。

1952年1月、爆撃を受けた後のソウルの街(ICRC提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
1952年1月、ソウルのとある市場(ICRC提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 女性捕虜の収容所にたたずむ女性たち、北朝鮮軍と中国軍の捕虜が輸送船で移送されていくところ、市民がICRCと大韓赤十字社から衣類などの救援物資を受け取る様子などを撮った写真もある。

 ICRC韓国事務所の代表は「朝鮮戦争勃発70年にあたり、歴史的に意味ある写真の一部を共有できてうれしく思う」と述べた。

1951年6月4日、巨済の捕虜収容所で食事を準備する様子(ICRC提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。