Go to Contents Go to Navigation

韓国のコロナ新規感染者51人 再び50人台に増加

社会・文化 2020.06.24 11:27

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は24日、この日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から51人増え、計1万2535人になったと発表した。死者は前日と変わらず計281人。集団感染の拡大が収まらず、海外からの流入事例も増えたことで新規感染者数は再び50人台に増加した。

新型コロナウイルスの専用診療所で検査を待つ市民ら(資料写真)=(聯合ニュース)

 防疫当局は市中感染の連鎖と海外からの流入拡大を同時に防がなければならない状況に直面している。

 特に、釜山市の甘川港に入港したロシア籍の貨物船の船員の間で発生した集団感染に関連し、荷役作業員など国内の濃厚接触者から新たな感染者が出る可能性を排除できず、感染状況のさらなる悪化も懸念される。

 新規感染者のうち市中感染は31人で、首都圏で19人(ソウル市11人・京畿道5人・仁川市3人)の感染が判明した。そのほか大田市で8人、蔚山市で2人、江原道・忠清南道でそれぞれ1人の感染が確認された。

 首都圏と大田地域で新規感染者が多いのは、これまでに集団感染が発生したソウル市と大田市の訪問販売会社に関連する感染者が増加を続けているためだ。23日午後0時の時点でも新たに12人の感染が判明した。

 海外から流入した感染者は20人で、うち12人は入国時の検疫で感染が確認された。残りの8人(京畿道・釜山市・大邱市各2人、慶尚北道・全羅北道各1人)は入国後の自主隔離中に感染が判明した。

 市中感染と海外流入を合わせると、全国17市・道のうち首都圏を含めて過半数の11市・道で新たに感染者が発生した。

 今月に入り、1日当たりの新規感染者数は30~50人台で推移していたが、20日には67人に増加。21日は48人、22日は17人、23日は46人と多少減少したが、再び50人台に増加した。日常生活を送りながら感染対策に取り組む「生活の中での距離確保」(生活防疫)の基準の一つである1日当たりの新規感染者「50人未満」を上回ったのは、今月に入って7回目。

 このうち海外から流入した感染者は今月初めには1桁台を維持していたが、12日(13人)を含めて10人台を5回記録。20日(31人)と23日(30人)には30人台となった。

 中央防疫対策本部は、毎日午前10時に同0時時点の新型コロナ感染者数を発表している。

ynhrm@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。