Go to Contents Go to Navigation

ロシア船舶も船上で検疫実施 被害発生時は求償権行使検討へ=韓国

記事一覧 2020.06.24 14:55

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部の金剛立(キム・ガンリプ)第1総括調整官は24日、新型コロナウイルスの港湾での防疫を強化する方針を発表した。同日から釜山に入港するすべてのロシア船舶に対し、検疫官が船上で検疫を実施する。釜山の甘川港に入港したロシア籍の貨物船で船員17人の感染が確認された問題で、形式的な書類提出だけで検疫を済ませていたことが明らかになり、港湾での検疫体制に不備があるとの指摘が出ていた。

新型コロナウイルスの感染が確認されたロシア船の船員らが病院に搬送されている=23日、釜山(聯合ニュース)

 韓国政府は「検疫管理地域」に指定した中国、香港、マカオ、イタリア、イランから入港した船舶については船上での検疫を実施しているが、ロシアは対象外となっていた。

 韓国政府は船舶会社に対し、入港以前の14日以内に経由地などで下船した船員についても検疫当局に申告することを義務付け、有症状者を申告しない場合は入港制限措置とともに過料を科す方針だ。

 また、感染者が出て社会的な費用が発生する場合は、船社に対する求償権の行使も積極的に検討する。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。